京都府看護連盟とは

看護連盟誕生(1959年/昭和34年)

看護連盟は、看護協会の看護政策を実現するための政治団体として
誕生しました。
 

看護連盟の母体である、公益社団法人日本看護協会は、「質の高い看護の提供」を目的に、
会員への教育や福利厚生等支援活動を通じて日本の看護水準の向上を図るため、昭和21年
(1946年)設立されました。
しかし、看護職が抱えるさまざまな問題の中には、政治的手段によってしか解決できない問題があります。
そのためには、看護職の代表を国政に送り、看護協会の目指す政策や意見を反映させ、解決していかなければなりません。
そのため、看護協会は、昭和34年10月、政治団体である「日本看護連盟」を設立しました。
以来今日まで組織代表を国政に送り、法律の制定や改正を通じて看護職の質の向上・労働条件・看護教育の改善などを実現するために大きく貢献しています。

看護協会と看護連盟の関係

看護協会と看護連盟は、役割を分担しながら協働して活動し、問題解決をはかります。





会員ハンドブック
画像をクリックして頂ければ、内容が閲覧できます。

京都府看護連盟

府民の健康と福祉の向上を目指し、保健医療福祉の改革が進む今、看護の発展
そして、国民の幸福のために専門職として活動をしています。

看護現場の問題を政策に反映させます

    1.研 修 会 府研修会、支部研修会、日本看護連盟との共催
  みんなの声を届けます  (1)「現場の声を聞かせてください」

(2)研修会アンケートの意見

(3)(1)・(2)の声や、職場で直面する諸問題を代表議員へ届けます
  3.地方議員との交流・情報交換 (1)看護を考える地方議員の会との交流

(2)後援会・セミナーへの参加一人ひとりが、政治への感心を高めましょう

代表議員を政策決定の場に送ります

現場の声を届けるには看護の代表を政治の場に送ることです。
それが看護の未来を切り開く事になります。
今代表として3名の国会議員が活躍しています。
衆議院議員のあべ俊子議員と衆議院議員のたかがい恵美子議員と参議院議員の石田まさひろ議員です。
3人の活動を見てみましょう。そして、看護職一人一人が政治への関心を高めましょう。