会長挨拶

残暑お見舞い申し上げます
日頃は会員の皆さまには多大なご協力とご理解を賜り感謝申し上げます。
2年以上にわたるコロナウイルスウイルス感染症の対応に向き合い、厳しい
状況の中で、患者さんと向き合い看護をして頂いている看護職の皆さまを
誇らしく思い、心から労いと敬意を表し、感謝申し上げます。
感染拡大が予断を許さない状況下での7月に行われました第26回参議院選挙は、
働いているすべての看護職の基本給アップがかかっており、看護職の処遇改善に
ついてコロナ禍で社会の理解を頂く大切な選挙でした。
今回の選挙では、自民党京都府連の各級議員・企業・関係団体等多くの方々の
 ご支援を頂きました。
 また猛暑の中、連盟役員・支部長・施設等の多くの会員の皆さまのご支援・ご協力のお陰で、「友納理緖」
 さんを当選させて頂くことが出来ました。感謝申し上げます。
 看護を守ることは、国民の命を守る事です。これからも、看護職未来に目を向け、働く環境や処遇を改善に
 取り組みためにも、看護職の組織代表を国会に送り出さなければなりません。
 これからも会員の皆さまと共に連盟活動を続けて参りますので、ご理解とご協力を引き続きよろしく
 お願いいたします。

                               京都府看護連盟会長 澤井 美智子